So-net無料ブログ作成
検索選択
ゆる会 旨い鮨会 ブログトップ
前の10件 | -

「第5回 ゆる~い映画鑑賞会 開催します!」 [ゆる会 旨い鮨会]

「番外編」

「第5回 ゆる~い映画鑑賞会 開催します!」

半年振りに「ゆる会」開催します!

開催日8月23日(土)

作品スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ

夏休みって「東宝チャンピォンまつり」「東映まんがまつり」がありましたよね
地元の2番館がコノ時期だけは子供向け映画館に変身して
ワクワクしながら、劇場に向かってました・・・・・
ソンナ気持ちを思い出しながら
壮大なSWサーガに身を委ねてみてはいかがでしょうか?(笑)
お盆休み後、給料日前とビミョ~な日付ですが
楽しい一時にしたいと思っております

今回ルールが若干変更になりました
詳細はkenさんの記事を参考にしてください
http://dvd-diary.blog.so-net.ne.jp/2008-08-11-1#comments

それでは!
ご参加、お待ちしております!

公式HP
http://wwws.warnerbros.co.jp/clonewars/




「いつか眠りにつく前に~ゆる会終了しました~」 [ゆる会 旨い鮨会]

「本日の一本」

「いつか眠りにつく前に~ゆる会終了しました~」

モノスゴイ強風(春一番)だった昨日、第4回ゆる会が終了しました
今回の参加はボクとkenアニキを含めた5人
ミックさん、クリスさん、そして、「すし会」から引き続き参加してくれたkeiko_keikoさん
皆さん、悪天候の中ご参加アリガトウございました!
春二番が吹き荒れる日曜の昼下がり、感想を書きたいと思います

さて
今回選ばれた作品は、完全にミドルエイジ、それも女性向の作品でしたので
初日の劇場は、お年を召した女性、娘と母親、ソンナ感じのお客さんたちでした
ソンナなか、オッサン二人並んで見たコノ作品
「すべての女性の人生が、美しい一瞬をもっている」
コピーの文章が物語る、人生の終焉にナニを残し、ナニを思うのか
ソンナ問いかけが散りばめられた、優しい色調の作品でした

娘たちも知らない若かりし頃の母親の愛の記憶
どんなことがあったにせよ、語る必要もなく、胸に秘めていた事があからさまになる瞬間
ソンナ母の愛の記憶を前に娘たちが思う感情
娘でも、母でもないボクは、息子、父親の視線に置き換えながら物語を追っていました
自分の母が、ドンナ過去を辿って来たのか?
今となっては、知る由もありませんが、母にも好きな人はいただろうし
棺おけまで持っていった秘密もあっっただろうとか思いながら
「父との時間、僕たちとの時間が輝いた一瞬だったらいいのに」と勝手に思いながら見ていました

可も不可も無い作品と言ってもいいくらいキチンとした物語でした
117分の上映時間が少し長く感じる位の物語は
母親の秘密にしていた40年前の運命の恋と
終焉を迎える現代が、見事に行き来する編集の中
終わりゆく命と生まれ来る命を対極に描き、喜びと哀しみが畳み掛けてくる瞬間を映しながら
静かに、本当に静かに終わってゆく物語
朝を迎える張り詰めた空気感のような、ラストに向かう描写は好感が持てました
死を見せずに、死にゆく者を見せる演出もスキです
自分の人生をどう終わらせるか?
幸せだと思い、思われながら逝けるのか?
最後まで秘密を語らずに逝けるのか?
もう、ソンナ事を考える事のほうが多くなってきた年に近づいて来たのかも知れません

イメージがモノスゴク違ってしまったクレア・デインズのクルクル変わる表情に
圧倒されっぱなしの作品でもあったことも書き残しておかねばなりません
「ロミオとジュリエット」の頃とは全く違った彼女は、チョットビックリです

さて、ゆる会ですが
作品鑑賞後、思ったよりも混んでいる有楽町界隈で、飛び込みで入った和食屋で
時間の許す限り(笑)盛り上がったのではないでしょか・・・・
良いか悪いか、メンバーが固定化されてきている感も否めない状況で
参加して頂ける方が増える喜びを感じております
気を許しすぎているボクは、反省すべき事が多いですが(笑)
会を重ねる事を本当に楽しみに思っております
アニキとどれ位続けることが出来るか分かりませんが
コレからも、しつこく続けてゆきたいと思います
次回もお楽しみにしていてください
参加していただいた御三方、本当にアリガトウございます!
マタ飲りましょう!


「今週末、4回目のゆる会が開催されます!」 [ゆる会 旨い鮨会]

「番外編」

「今週末、4回目のゆる会が開催されます!」

圧倒的な人気を誇る「ナニミル?~DVD日記~」で御馴染みの
kenアニキと始めた「ゆる~い映画鑑賞会」
今週末2月23日に、第4回目が開催されます
オヤジ2人で始まったコノ会も、徐々に参加される方が増え続ける
トテモウレシイ、トテモフレンドリーな会になってきました
劇場、日時を指定した作品を、個人個人で鑑賞し
ロビーで突っ立ているオッサン二人がお気に召したら、声をかけて頂き
ソノ後、ミンナでビールでも飲みながら、作品や、映画、諸々について語り合うと言うコノ企画
ダンダンと、楽しい会になってきております
前回までの記事は、マイカテゴリーの「ゆる会 旨い鮨会」を参照していただき
「ヨシ!参加してみるか!」と思った方は、ゼヒ当日、劇場まで足をお運び下さいませ

今回の作品は「いつか、眠りにつく前に」です
劇場 日比谷 みゆき座
時間 午後4時30分

公開初日のコノ作品、いち早く皆さんと鑑賞し、感想を語り合う
トテモステキな企画だと思いませんか?
「上映には間に合わないが、飲み会だけでも」と思っている方
ソンナ方のご参加もOKです
上映終了の時間に合わせて、劇場前でボクタチを見つけてください
アニキはプロフィールで顔を見せていますので分かりやすいと思います
当日ボクは、ファー付きの真っ赤なセーターで参加しますので
何だか、ヘンなオッサンを探せばキットソレがボクです(笑)
因みに、上映時間が2時間弱なので、午後6時40分過ぎになると思います

詳しいルールや、大人な感想、詳細は、アニキのブログを参照して頂きたいと思います
http://blog.so-net.ne.jp/dvd-diary/2008-02-03-1

チョッピリ春めいてきた二月の夜
映画の話と、食事で盛り上がりましょう!
ソレでは、当日ミナサンを100万ペソの笑顔でお待ちしております!


「魚河岸おじさんと、うまい鮨を食う会 終了しました」 [ゆる会 旨い鮨会]

「番外編」

「魚河岸おじさんと、うまい鮨を食う会 終了しました」

昨夜、無事に第1回が終了しました
参加者は3名 kenアニキ http://blog.so-net.ne.jp/dvd-diary/2007-12-02
          keiko_keikoさん http://blog.so-net.ne.jp/keikolove/2007-12-02
こじんまりとした楽しい一夜となりました、アリガトウございます

場所は、先日もkenさんと楽しい夜を過ごした
樹太老東銀座店 http://www.tamasushi.co.jp/store/kitaro/index.html

東銀座の松竹ADビルのエントランスには、ステキなイルミネーションが

コノ横を入り進んでゆくと、お店があります(モチロン、外からも入れます)
二人が最初に会ったお店で1回目が開催できて感無量でした
カウンターのほかに、こじんまりとしたスペースが何ヶ所かあり
三人がちょうどよい距離感で美味しいものを食べながら
楽しい時間を過ごすのには、もってこいの席でした

料理、雰囲気などは、お二人の記事をご覧いただくとして
ボクは、感想を少し書かせていただきます
初めてお会いするkeiko_keikoさんは、物静かでステキな方でした
オヤジのたわいもない話を、笑顔で聞いていただきアリガトウございました
kenアニキは、玉子焼きの香り付けに何が入っているのか
ずっと分からなかったのが、個人的にはツボでした
分析がお得意のアニキがナゼ、珍しいパターンだったので書かせていただきます(笑)

ブログ上でお付き合いしている方たちと、実際お会いして会食をする
二年前には考えてもいなかったことが、現実となる喜び
程よい緊張感が、だんだんとほぐれて、酔えば酔うほど、だらしなくなる姿も見せてしまう開放感
マダそんなに詳しくもない魚の話、映画、松さんネタ、時事ネタ
ソンナ支離滅裂な会話の中で、美味しいものを口イッパイに含みながら幸せを感じる
ソンナ会を、これからも続けてゆきたいと思います
個人的には、数件考えているお店さんがありますので
来年からの開催にも、ゼヒご期待ください



「魚河岸おじさんとうまい鮨を食う会 やります」 [ゆる会 旨い鮨会]

「番外編」

「魚河岸おじさんとうまい鮨を食う会 やります」

kenさんと何度も盛り上がり、立ち消えていた企画
「魚河岸おじさんとうまい鮨を食う会」が今週末開催されます

鮨屋で飲むことが人生で一番好きな飲み方と
お酒を飲み始めてから常に思っているボクが
お鮨屋さんのお取引が多い魚河岸の会社で働き始めてもうすぐ10年
タクサンのお客様とのお付き合いから、いろんな事を教えていただきました
ソンナ数あるお店さんの味を、皆さんと味わいたいと思って立ち上げた企画が現実となります

kenさんと初めて会ったのも鮨屋でした
二人で食べてばかりでは忍びないので、ブログで知り合った方たちと
コノ美味しさを分かち合いたいと思った2人の企画
本日、お店の予約は完了しました、店長と詳細も打ち合わせました
マダ、若干の余裕がありますので
お時間に余裕のある方は、ゼヒご参加ください

会費¥10000
自分にとってもお高い会費だとは思います
いきなり言われて、ハイソウデスカと言える会費ではないことも分かっております
ボクも今回、妻にコノ会の趣旨を説明して、特別に支給されました(笑)
ソンナ意味も含めて、メニューを書いておきたいと思います

先付け
お造り
焼き(煮)魚
握り
プラス飲み放題

自然の物ですので、どんな魚がお目見えするのかは当日のお楽しみとなります
気心の知れたお店さんですので、ご満足いただけると思います
12月を迎え、忙しいことをひけらかす季節を迎える初日
気の置けない友人たちとの飲み会以外
唯一の忘年会となりそうなコノ会、トテモ楽しみです
詳細、申し込みは、kenさんのブログをご覧下さい
http://blog.so-net.ne.jp/dvd-diary/2007-11-21-2
タノシイ会にしたいと思っておりますのでゼヒ!ご参加ください


「第3回 ゆる会 終了しました」 [ゆる会 旨い鮨会]

「番外編」

「第3回 ゆる会 終了しました」

毎回、色んな期待が膨らむゆる会、今回も、無事終了しました
休日の昼下がりの開催と言う、新しい試みで行った今回
主催者2人と、前回参加のミックさん、クリスさんのお二人
そして、kenさんの記事で知った、もう一人の参加者の五人で終了しました

お題の「エディット・ピアフ~愛の賛歌~」については、後日アップさせていただきます
本日は楽しかった一日のご報告を・・・・

上映前に、kenさんがクリスさんとお会いした事を聞き
前回語れなかった映画の話題を、今回には沢山話そうと心に誓いながら、イザ鑑賞を
終映後に、ミックさんと合流、しばらく立ち話の後に、同じビルのビアホールへ・・・・
前回と同じメンバーで飲むということで、かなりフランクな宴の始まりでした
前日、またしても飲みすぎていたボクで、カナリ体調が思わしくなかったのですが
飲むほどに、語るほどに、楽しい気持ちがムクムクと頭を持ち上げ
気がついたら、同じ店に4時間強居座りながら
映画、音楽、家族、生活、ハイテクの話で、盛り上がってしまいました
やはり、映画の話を始めると、止まらなくなる幸せな時間をすごせた当日
自分では気心が知れたメンバーと思っている御三方と過ごせた幸せな時間でした
どうもアリガトウございました

今後新しい展開が、起きそうな「ゆる会」
映画を愛し、ブログを愛している皆さんが、気軽に参加できる会にしてゆきたいと思っております
今後の展開にご期待ください

本当に楽しい時間でした



「もういくつ寝ると~ ゆる会の日です」 [ゆる会 旨い鮨会]

「番外編」

「もういくつねると~ ゆる会の日です」

告知から数週間、早いもので、次の日曜日に
三回目の「ゆる会」が開催されます
http://blog.so-net.ne.jp/dvd-diary/2007-09-26

お時間に余裕があり、オッサン二人と映画でも見てやろうかとお考えの
広いお気持ちと、やさしい心の持ち主の皆様
kenアニキと百万ウォンの笑顔で、劇場にてお待ちしております

今一度、簡単な詳細を
日時 10月14日
お題 エディット・ピアフ~愛の賛歌~
劇場 有楽座   有楽町マリオン前 ニュートーキョービルの3階
時間 12:40PMの回

少し寒くなりそうですが、何かと話題の街で
少し早い時間から、映画について語り合い、飲みましょう
当日、ボクの着てゆく服が決まりました
寒くても、厚くても写真ジャケットセーターで赴きますので
気軽にお声をおかけください
年末を控え、慌しくなる時期を前に、楽しい時間にしたいと思いますので
なにとぞ!ヨロシクお願いいたします!

青く写ってしまったセーターの色は、「紫(パープル)」です!
何回写しても、青く移ってしまいました・・・・・・・・


「ゆる~い映画鑑賞会 2007秋 やります!」 [ゆる会 旨い鮨会]

「番外編」

「ゆる~い映画鑑賞会 2007秋 やります!」

親愛なるkenアニキと始めた「ゆる会」
第3回目の開催と相成りました
詳細はkenさんのブログを参照して下さい
http://blog.so-net.ne.jp/dvd-diary/2007-09-26

忙しい年末を迎える前に、ぜひとも開催したかった「ゆる会」
じわじわと人数が増えることが楽しみなコノ会
気持ちのヨイ秋の午後
大好きな映画の話を、おっさん二人としてみませんか?
第二十回東京国際映画祭の話も織り込みながら
楽しい会にしましょう
ご参加お待ちしております!


「こわれゆく世界の中で/ゆる~い 無事終了しました」 [ゆる会 旨い鮨会]

「本日の一本」

「こわれゆく世界の中で/ゆる~い 無事終了しました」

昨日「ゆる~い映画鑑賞会」が無事終了しました!
詳細はkenさんの記事を読んでいただきたいと思います(笑)
http://blog.so-net.ne.jp/dvd-diary/2007-04-22
ミックさん、蟻銀さん、そして会えずに終わってしまった方
本当にアリガトウございました、映画の話だか、身の上話なんだか、話が飛びすぎる
支離滅裂な会になってしまいましたが、
初対面同士が、まるで古い友人同士のように語りあえた昨夜
いろんな意味で楽しい夜でした、まさか!カラオケに行くなんて・・・・・・
久しぶりに本気で唄ってしまいました(笑)
企画マニアのアニキが数々の企画を今後も用意しているみたいなので(笑)
二人が企画する今後のイベントにもご期待下さいネ

さて、本題の「こわれゆく世界の中で」ですが
イギリスで暮らしている、関係がギクシャクし始めた夫婦(?)
ある事件をきっかけに、夫はボスニア人の女性にひかれてゆく・・・・
タダコレだけの話と言ってもいいです

「二人の女性の間で揺れ動くジュード・ロウ」
コレくらいの情報しかないまま見始めました
kenさん、ミックさんは、前半のだらけが気になったみたいですが
ボクは、ちっとも恋愛映画にならずにシリアスというと大袈裟ですが
ドンドン中途半端に暗くなってゆく展開が面白かったです

二人が知り合ってからラストまでの展開は
決して褒められたものではありませんが
ジュリエット・ビノシュの魅力が満載でOKでしょう
同じ境遇(祖国)の人たちと祖国の唄を唄うシーンがたまらなかったです
ドコを見つめるでもない哀しい視線と表情、ため息が出るくらい美しいシーンでした

人と人が繋がり夫婦(カップル)になり
子供が増え、その数は増えたり、死や別れの為に減ったりします
愛する人の為に生きたいと思いながら
犠牲にしている自分の心の闇の部分が関係を複雑にしてゆく
「いなければいい、いてほしい」
コノ二つが常に頭の中にあることが夫婦(カップル)だとボクは思います
コノ作品を見ながら、ふとそんな事を思ってしまいました
人間のワガママな部分を見せてくれた小品です




「いよいよ本日」 [ゆる会 旨い鮨会]

「ゆる〜い」が本日開催します!
仕事が長引きましたので、築地から直接日比谷に向かいます
楽しみです!
本日は珍しい貝を紹介します
オオミゾ貝と呼ばれているこの貝
湯引きや煽って食べたり
マテ貝のように、豪快に焼いて食べると旨いそうです


前の10件 | - ゆる会 旨い鮨会 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。